受付時間

外反母趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 外反母趾になって気になる
  • 最近は靴に足の親指が当たって痛い
  • 人から「歩き方が変」と指摘されたことがある
  • とにかく足が疲れやすい
  • ヒール・革靴を日常的に履いている

外反母趾の施術方法|仙台市太白区 若松整骨院 太白院

当院では、辛い外反母趾の施術・予防、それにリハビリ指導を行っております。

ですが、完全に変形してしまった骨を戻すことは残念ながらできません。

ですが、「痛みが出てきた」「違和感がある」といった状態であれば、当院でテーピングや施術をすることで、悪化を防止することは充分に可能です。

なので、外反母趾でお悩みの方は、変形してしまう前に当院までご相談ください。

具体的な施術法として、まず痛みが出ている状態ではテーピングを使用し、症状の悪化を防ぎます。

ですが、あくまでテーピング固定は一時的な処置ですので、元から外反母趾をなんとかしたいとご希望の方には、歪んでしまった骨格を改善することにより、体の重心のバランスが整って足の負担が軽減します。

それに、インナーや足の指の骨格筋の筋肉を鍛えることで、後の再発防止にも有効です。患者様の状態によって施術回数、頻度は異なってきますので、まずは当院での検査をオススメ致します。

そもそも外反母趾とは?|仙台市太白区 若松整骨院 太白院

そもそも外反母趾とは、足の親指の付け根部分が外側に開いてしまい、それによって靴などに当たってしまい、炎症が出てしまう疾患です。

元は欧米人に多い疾患でしたが、最近では生活スタイルの変化から、日本でも急速に増えてきているのが特徴です。それに、割合では女性が多い印象ですが、最近では男性も発症します。

外反母趾が起こる原因の一つが、サイズが合わない靴を履きつつけることで起こる。と言われています。例えばヒール・先の尖った・窮屈な革靴などが良い例です。

このような、自分の足に合わないサイズや形の靴を、無理やり長時間履き続けることで、足の付け目に次第に負担がかかって圧迫され、果ては変形を起こします。

さらに、もう一つの原因として、日頃の姿勢や運動不足からくる筋肉低下もあります。現代では仕事などで長時間のパソコン作業によって悪い姿勢を続けると、段々重心が後ろにかかりやすくなります。スマートフォンの操作も同様です。

もちろん悪い姿勢では人間は疲れやすいのです。踵や後ろ重心の方は「浮足」と言って足の指に力が入らなくなるので、さらに足の指と指との間の筋肉が一気に低下してしいます。

これにより、足の指の骨格が歪んでしまい変形に繋がり外反母趾を発症してしまうのです。

初回限定キャンペーン実施中

お問い合わせ

若松整骨院 太白院

若松整骨院 太白院 022-796-1784

LINE予約

住所
〒982−0033
宮城県仙台市太白区富沢西2-7-11 フレスポ富沢
アクセス
地下鉄南北線「富沢駅」より徒歩16分、蔦屋書店(TSUTAYA)富沢西店向かい

受付時間