受付時間

テニス肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 重いものを持つと肘や腕に痛みが出る
  • ペットボトルの蓋を開ける際に痛みが出る
  • タオルを絞る動作で肘や腕に痛みが出る
  • 子供を抱き上げた時に痛みが出た
  • パソコンを長時間使っていると肘に痛みが出る

テニス肘とは|仙台市太白区 若松整骨院 太白区院

テニス肘の正式名称は、「上腕骨外側上顆炎」といい肘のけがの中で一番多いと言われてます。肘の外側にある筋肉に過度な負担が長期的にかかることで起こる症状です。

筋力が弱い女性や、力仕事で腕を酷使する方、調理中にフライパンを持った時、タオルやおしぼりを絞った時、産後の授乳や抱っこで痛みが出る方など、痛める機会が多いケガの一つです。

また、日常の動作が原因で発症する場合も少なくありません。

例えば、パソコン作業でマウスを動かす、キーボードを打つという動作はさほど腱や筋肉を酷使する動きには見えませんが、それを毎日何時間も続けていると時間が経つうちに疲労が蓄積し、腱や筋肉に炎症を起こすケースもあります。

テニス肘かどうかのチェック|仙台市太白区 若松整骨院 太白区院

①トムゼンテスト

手のひらを下にして、肘をまっすぐに伸ばし、手をグーの状態にし、もう一方の手をグーにした手の甲の上に置き少し力を加え、グーにした手首を上に持ち上げる動作で痛みがあるか。

②チェアテスト

肘を伸ばしたまま、手で椅子の背を掴んで持ち上げた時に痛みがあるか。

③中指伸展テスト

手の平を下に向け、肘を伸ばした状態で、反対側の手で中指を上から押して、それに抵抗した際に痛みがあるか。

この3つのテストで1つでも当てはまれば、テニス肘の可能性があります。

一度痛めると治りづらく、毎日使う場所なので悪化する前に当院へご相談下さい。

当院のテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の施術|仙台市太白区 若松整骨院 太白区院

当院のテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の施術は、痛みが強い場合、炎症や痛みを抑えることができる特殊な電気(ハイボルト)を使用し、症状を軽減させていきます。

また柔軟性の悪さで痛みが出る場合は、ストレッチ・筋調整を行い症状を軽減させていきます。

その他にも状態によって、テーピングも行っております。

仙台市太白区でテニス肘でお悩みの方は若松整骨院 太白区院にお越しください。

お問い合わせ

若松整骨院 太白院 022-796-1784

LINE予約

住所
〒982-0033
宮城県仙台市太白区富田京ノ北54-1 フレスポ富沢西
アクセス
地下鉄南北線「富沢駅」より徒歩16分、蔦屋書店(TSUTAYA)富沢西店向かい

受付時間